東京リッチ産業株式会社 − FAQ(よく聞かれるご質問)

Q: 試作をお願いする際には、どのような準備が必要ですか?

A: 基本的には、図面、3次元CADのデータ若しくはSTLモデリングデータなどが 必要になります。お受けできるデータ形式は、CATIA V5、V4、Space-E、IGES、STL、場合によりますがDXFなどです。STLにつきましてはデータの性格上形状の変更が出来ません。また、IGESは変換時に予期せぬデータ化け等が 発生する可能性があります。

Q: 蒸着工程を持たれていると聞きました。数千個ですがお願いしたいと思うのですが

A: 弊社には蒸着設備がございますが、試作を想定した設備構成になっておりまして残念ですが量産品を作成させて頂くにはコスト・デリバリーの面でご期待に添えない可能性が高いと思われます。

Q: 自動車のランプを主に製作されているようですが、他の製品についてはどうですか?

A: はい。ご相談頂ければと思います。弊社は3次元自由曲面をもつ製品作りを得意にしておりまして、以前にお子さん用のおもちゃや大学の実験装置、信号機などの受注実績がございます。

Q: 樹脂試作製品を、展示品としてずっと飾りたいのですが・・

A: 弊社の注型製品は、透明部材としてエポキシ樹脂を使用していますが、エポキシ樹脂の特性として、長期間保存した場合紫外線の影響で黄変(材料が黄色く変色する事)が発生します。割れない限り形は崩れませんが、この点をご留意頂ければと思います。
尚、アクリル樹脂で一品製作した場合はこの限りではありませんが、コストは増大 致します。