東京リッチ産業株式会社 − 製造部の業務



製造部 製造部長
角田 裕司

編集部

製造部のスタッフは何名くらいで、どのような組織構成ですか?

常務取締役 角田 裕司(以下:角田)

現場は、おおよそ30名です。

データ処理と機械加工を1工程。

仕上、表面処理と組立を2工程。

注型を3工程がそれぞれ担当しています。


編集部

セールスポイントはどこでしょうか?

角田

全社でお客様のご要望を第一に考え行動するところです。

お客様が形にしたい製品のアイディアをお持ちであれば、それがまだ頭の中でもあっても営業部が引き出し、 それをもとに製造部は3Dデータ化し、お望みの質感を伴った実体に、さまざまな工程を組み合わせて作り上げます。

この間に、工期が許す限り何度もお客様とすり合わせを行います。


編集部

自社工程で対応しきれないご要望もあると思うのですが、どのようにお答えするのですか?

角田

工程能力を超えた仕事量はタイと中国のTRIを活用して量そのものとピークを分散しています。

インジェクションモールドや板金加工などは国内外のファミリー企業にお手伝いいただいて対応しています。

しかし品質、納期などは国内でコントロールする体制を整えています。


編集部

最後にお客様にメッセージをお願いします。

角田

お客さまにとってオンリーワンの存在になれるよう品質、コスト、納期でご満足いただき、それに加えWoWプロダクツをお届けできるよう創意工夫してまいります。


編集部

どうもありがとうございました。



大型彫刻機
創業時よりの年代物、現役で稼動中している「ものつくり」原点であり新旧融合の象徴。