東京リッチ産業株式会社 − 企業として目指すもの



代表取締役 社長
米盛 一

編集部

東京リッチ産業の沿革と特長について教えて下さい。

代表取締役 社長 米盛 一 (以下:米盛)

1979年(昭和54年)に設立、創業37年になる試作品、特に車の灯火器を主体にPROTOTYPE製作をする会社です。

理論と経験から確立された手法でDATA作成から完成品、ASSYまでの一貫作業にて取り組んでいます。

昔ながらの職人技と最新の設備を融合させた技術で高品質の製品を製作してお客様に喜んで頂います。


編集部

37年ともなる企業はめずらしいですね。秘訣を教えてください。

米盛

お客様を大切にし、仕事を忠実することです。パートナー企業や金融関係のご協力はもちろん大きいのですが、何よりも社員一人一人の協力があってこそと言えます。それこそ徹夜になろうとも『やってやるぞ』という現場の力が一番の秘訣です。


編集部

日々どのような考え方で経営をなさっていますか?

米盛

会社の全員がお客様のご希望を最優先に考え、お客様にとってどうしても必要な存在感のある会社にしたい。

社員の全員が何処へ行っても通用する自立したプロ集団にしたい。

お客様を大切にすることで我社の社員、その家族などステークホルダーにささやかながら幸福の種を届けようと考えています。


編集部

お忙しい中、ありがとうございました。


第二工場棟
東京リッチ産業本社工場:
殆どの製造工程をこの建物で行っている。